世界の著名なワインガイド、ワインマガジン、ウェブサイト

 




「THE WINE ADVOCATE」(ザ・ワイン・アドヴォケイト) A

フランスをはじめドイツ、アメリカその他の国のワインについてロバート パーカー Jr.と信頼の置けるスタッフが試飲し、コメントを述べ、100点満点で評価しています。 ワインは70%を自分で買い、残りは自発的に送られてくるサンプルを試飲し、毎年3ヵ月にわたって生産地を訪ねる旅も、全部自費で行っているということです。 そういったスポンサーを持たないという中立の立場と、試飲したもののみについてコメントするという姿勢が、彼のワイン評論を信頼しうるものとしています。 それらの試飲を元に、「ボルドー」、「ブルゴーニュ」、「ローヌ ヴァレィ」といった、その地方について詳細にわたってまとめた本も出版しています。 また、手頃な価格のワインのみを集めた「パーカーズ ワイン バーゲンズ」もあります。 ウエッブサイト(有料)もあります。 2012年12月、ロバート パーカー Jr.は、経営から離れ、評論活動に専念する形になりました。 〔隔月刊、英語〕



「WINE SPECTATOR」(ワイン・スペクテーター) B

アメリカを代表する大判のワイン雑誌。 影響力も大きく、高得点をとったワインの価格が急騰することも珍しくありません。 ワイナリー訪問レポート、ジャンル別比較テイスティング、産地情報など多岐に渡ります。 業界の有名人のコラムも多数。 食材やレストランなどワインに関連した広範囲な記事も満載です。 ウエッブサイト(有料)もあります。 〔基本的に月2回刊、英語〕
 



 「DECANTER」(デカンター) C

イギリスを代表するワイン雑誌で、試飲は星印あるいは点数による評価つきです。 テイスティングコメントは比較的平易な英語で書かれています。 世界の代表的な産地の情報が得られます。 ウエッブサイト(有料)もあります。 〔月刊、英語〕 「INTERNATIONAL WINE CELLAR」(インターナショナル ワイン セラー) アメリカのスティーブン タンザーとスタッフによる評価誌。 100点満点で採点。個々のワインの評価だけでなく、生産者やVTについての豊富な最新情報が特徴です。 2009年秋より、ウエッブ版へと移行、さらに「ヴィノス」に買収されました。 〔隔月刊、英語〕



「VINOUS」(ヴィノス) D

かつて「ワイン アドヴォケイト」の一員だったアントニオ ガッローニによるウエッブサイト。 2014年、上記のインターナショナル ワイン セラーを買収し、ステファン タンザーを始めとしたその評論スタッフも引き継ぎました。 〔英語、有料〕




「THE WORLD ATLAS OF WINE」(ザ・ワールド・アトラス・オヴ・ワイン) E

地図で見るワインガイドの決定版です。 第5版から、ヒュー ジョンソンとジャンシス ロビンソンの共著となりました。 旧世界から新世界まで、主要な生産地の地図と説明が載せられています。 カラーの生産地地図は圧巻です。 特にボルドー、ブルゴーニュ、モーゼル、ラインガウなどのページは、見飽きることがありません。 〔英語〕 日本語版が「世界のワイン」(ガイアブックス)として出版されています。




「Hugh Johnson‘s Pocket Wine Book」(ヒュー ジョンソン ポケット ワイン ブック) F

イギリスを代表するワインワイター ヒュー・ジョンソンが毎年更新するポケットサイズのワインガイド。 ワイン、生産者、ヴィンテージなどについて、簡潔にまとめられたワイン愛好家、ワイン関係者必携の書。 〔英語〕 早川書房から、2年に1度日本語版も出版。




「THE WORLD’S GREATEST WINE ESTATES」(ザ・ワールドズ・グレイテスト・ワイン・エステイト) G

ロバート パーカー Jr.が選んだ、世界の偉大なワイン生産者とそのワインガイド。 9ヶ国156ワイナリー、ワイン400種、2500本以上。 生産者の写真やインフォメーション、ワインの評価も多数掲載されています。 〔英語〕 河出書房新社から「世界の極上ワイン」と題して邦訳が出版されています。


※他に、イタリア、おすすめのワインガイド、雑誌はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

イタリアワインを通販で購入するなら

ショップ名 ワインショップ Y&M
住所 〒537-0013 大阪市東成区 大今里南 2-1-19 4F
TEL/FAX 06-4967-8210
URL http://wine-yandm.com

お役立ちコラム

新着商品