▼ 白ワイン 辛口 マイエ ピガート 2016 イタリア リグーリア
◆ワイン名:Maje Pigato Riviera Ligure di Ponente / マイエ ピガート
◆ワイナリー名:AZIENDA AGRICOLA BRUNA / アジィエンダ・アグリコーラ ブルーナ
◆産地:イタリア・リグーリア州
◆原産地呼称:リヴィエラ・リグーレ・ディ・ポネンテ D.O.C
◆味わいのタイプ:辛口 白ワイン
◆葡萄品種:ピガート 100%
◆生産年:2016
◆内容量:750ml


◆商品説明
リグーリア州の土着品種、ピガート種から造られる辛口白ワイン。 グレープフルーツや白い花の香りが広がります。 ミネラル感が高くアフターに果物の皮のようなビター感が残ります。 理想的なサービス温度は10℃です。



マイエ
マイエは「乾いた石壁」という意味があり古代の石垣を指す言葉です。
古くから伝わるこのブドウ畑にはブドウ畑の至る所に石垣があることから名付けられました。 マイエには石灰を含む白い粘土質の土壌の畑で栽培されたブドウを使用します。
この畑からは化石なども出土し、ワインにミネラル感・フレッシュ感・酸味・香りを与えています。 味わいは淡泊ですが、非常にミネラル感に長けたワインとなり白い花の香り、グレープフルーツのよう香りが広がります。 そしてピガート種の特徴である独特のグレープフルーツの皮のような苦みが残ります。



◆ワイナリー紹介
AZIENDA AGRICOLA BRUNA / アジィエンダ・アグリコーラ ブルーナ
ピガート種ですが名前の由来はリグーリア州の方言である「ピガウ」からきています。 「小さい琥珀の点」という意味がありブドウが完熟すると、琥珀色の点が表面に現れることから名づけられました。
この品種はヴェルメンティーノから派生し何世紀もかけリグーリア州へと根付き、他では見ることのない品種となりました。 リグーリア州の山奥、アルベンガ近郊のみでしか今は生産されていない希少な品種となっておりブルーナでは主にこのピガート種からワインを造っています。

ショップ名ワインショップ Y&M
住所〒537-0013 大阪市東成区 大今里南 2-1-19 4F
TEL/FAX06-4967-8210
URLhttp://wine-yandm.com

・ 販売価格

2,240円(税込2,419円)

・ 購入数


<クール便のご案内>
品質保持のため 5月〜10月はクール便をおすすめいたします。 実際の気温よりも、配送中のトラックの中は日光などにより、さらに高温となり、ワインにとってはかなり危険な状態となります。 ワインは温度が急激に上がると、瓶内で液体と気体が膨張し、液漏れを起こしたり、コルクが持ち上がりキャップシールを突き破ることもあります。 ワインの液漏れや劣化等を防ぐためにも、クール便での配送をおすすめいたします。




新着商品