▼ ラ スピネッタ イル ネーロ ディ カサノーヴァ トスカーナ ロッソ 2013 赤ワイン 辛口
◆ワイン名: Il Nero Di Casanova Toscana Sangiovese / イル ネーロ ディ カサノーヴァ トスカーナ ロッソ
◆ワイナリー名:La Spinetta / ラ・スピネッタ
◆産地:イタリア・トスカーナ州
◆等級:D.O.C.(D.O.P.)
◆味わいのタイプ:フルボディ 辛口 赤ワイン
◆葡萄品種:サンジョヴェーゼ 100%
◆アルコール度数:13.5%
◆生産年:2013
◆内容量:750ml


◆商品説明
スピネッタが造るトスカーナサンジョヴェーゼ!
比較的若い樹齢のサンジョヴェーゼから収穫したブドウを醸造し、フレンチオーク樽で熟成させました。熟したベリーやチェリーの香りに、ほのかにタバコのニュアンスが感じられます。果実味とまろやかなタンニン、酸味のバランスがよく、お料理に合わせやすいワインです。(トスカーナ州産) 理想的な飲み頃温度は16〜17℃です。 

スピネッタ イル ネーロ ディ カサノーヴァ トスカーナ ロッソ 2013 赤ワイン



◆評価・掲載
(2012年) ビベンダ / 4グラッポリ (イタリア)2017年版
(2011年) ビベンダ / 4グラッポリ (イタリア)2016年版


◆ワイナリー紹介
La Spinetta / ラ・スピネッタ社
ラ・スピネッタ社は、「ワイン造りの90%は畑での仕事にある」と考えています。 そのため、ブドウは最大限の注意を払って栽培されます。 また、化学薬品の使用は最小限に控え、収量を抑えて(1.7〜2t/ha)栽培しています。 ブドウ畑は、ラ・スピネッタ社が購入するずっと前からこの場所に存在しており、自然に従うのが最もよい栽培法だ と考えています。 同社は1977年に創業し、代々引き継がれている畑があったわけではなかったため、その分、自分たちが ワイン造りをするのにふさわしいと思える畑を選び抜いて購入することが可能でした。 そのため、どの畑も 南、南東、南西向きで、樹齢35〜55年というよい条件の畑が揃えられたのです。 このくらいの樹齢のブドウを使うことで、その土地の特徴、テロワールを十分に表現した、 複雑味を帯びた素晴らしいワインの醸造が可能となります。
ショップ名ワインショップ Y&M
住所〒537-0013 大阪市東成区 大今里南 2-1-19 4F
TEL/FAX06-4967-8210
URLhttp://wine-yandm.com

・ 販売価格

3,321円(税込3,586円)

・ 購入数





新着商品