▼お刺身のお供にイタリアンワイン!家族親戚の集まりに!

家飲みワイン


おうちワイン特集-刺身に合うイタリアワイン


ヨーロッパでは生魚を食べることに抵抗がある人が多いです。 そんなヨーロッパで生まれたイタリアワインが刺身に合うという発想はなかなかできないかもしれせん。 たいていの人は、日本酒との組み合わせが最高と考えているのではないでしょうか。 しかし実は、イタリアワインも相性が悪いわけではないのです。 家族親戚が集まって、刺身をつまみにして家飲みをするときは選択肢に入れてみましょう。 そこで今回は、インタリアワインが刺身に合う理由やおすすめの選び方について解説します。

 

お刺身にもワインが合う!その理由は?

お刺身で家飲みワイン

ワインが生魚と相性が悪いと考えられがちな理由として、血なまぐさいことが挙げられます。 味の濃い醤油や強烈なわさびも、ワインの風味を損ねるものとして認識されていることが多いです。 ある程度血なまぐさいのは避けられず、それを打ち消すためにインパクトの強い醤油やわさびを使うことは、日本人の常識といっても良いでしょう。

しかし淡白な種類の魚であれば、お互いに邪魔をすることがほとんどありません。 そのような魚を咀嚼すると、優しい旨味が口内に広がっていきます。 そこにワインを流し込めば、その旨味を打ち消すことなく、風味を口全体から鼻に抜けるように広げられるというメリットがあります。 つまり相性に問題がないどころか、刺身のおいしさを引き立てる効果が期待できるのです。 サーモンなどを食べたときに感じる少しの甘みも、よく広がりコクのある風味に変化します。

 

ワインと合わせるお刺身の食べ方の工夫は?

ひとくちに刺身といっても食べ方にはいろいろなパターンがあります。 以前は醤油だけを使うのが定番でしたが、食の多様化によって塩やドレッシングで食べることも多くなりました。 そのため、おうちワインのつまみにするのであれば、それに合わせた食べ方を選ぶという工夫をするのが望ましいです。

そこで重要になるのは醤油やわさびを抑えつつ、血なまぐさい風味を減らすということです。 たとえばレモンとの飲み合わせはとても良いため、マグロをはじめとした多くの種類にかけてみると良いでしょう。 レモンと塩を混ぜ合わせてからかけると白ワインに合いますし、赤ワインに合うようにカルパッチョにして食べるのもおすすめです。 いくつかの食べ方を用意しておくと、食の好みが異なる家族親戚が多く集まったときでも優雅なワインタイムを過ごしやすくなるでしょう。



「刺身 × イタリアワイン」

今日は刺身を食べようかな〜と考えている貴方! 今日のおうちワインもこれで決まり!



1.刺身に合わせるならこの白ワイン!



ヴェント ビアンコ


プーリアを代表する偉大な星付きワイナリー「トッレヴェント」が造るお手頃旨安ワイン! 特にサーモンやマグロに合います。このワインが持つ、爽やかな柑橘系の果実味が、刺身に爽快感を与えてくれます! グラッツェ!




2.刺身に合わせるならこの白ワイン!



白ワイン 辛口 ファンティーニ トレッビアーノ ダブルッツォ


イタリアのガブ飲み白ワインを代表する品種ですが侮ることなかれ! あのファルネーゼが造るトレッビアーノはガブ飲みワインで終わらせません。 刺身で味わえる様々な食感や旨味に、このワインの雑味ないクリーンさ、フレッシュで充実した果実感がとてもこの価格とは思えない内容を感じさせてくれます!




3.刺身に合わせるならこの白ワイン!



白ワイン 辛口 フェウド アランチョ インツォリア


顔良し!味良し!!価格良し!!!  ブドウ栽培に適した条件が揃った シチーリア島から生まれる地ブドウ 「インツォリア」 そのまま飲んでも何杯でも飲んでしまいそうになりますが、 料理には、和食全般、素材を活かした料理が好相性! 冷やしたインツォリアに白身魚のお刺身やカルパッチョが最高に合います!




4.刺身に合わせるならこの赤ワイン!



ピノ ネーロ ラ クーポラ


刺身に赤ワイン?と思われる方にこそ試していただきたい! マグロや鰹などの赤身のお魚には、エレガントでジューシーなタイプの赤ワインも面白いです! 醤油だけでなく、洋風にタプナードソース等でお試していただくと、より楽しみが広がり、記憶に残るワインタイムになること間違いなし!




 

刺身におすすめのイタリアワインを選ぶポイント

やはり、魚の種類に合わせてイタリアワインの種類も変えていくのがベストです。 たとえば、淡白な刺身を食べるときは、原料として白ワインが使われているものを選びましょう。 できるだけ他の種類のぶどうは混じっていないほうが良いです。 白ぶどうが原料のものはミネラルの味わいが豊富なので、淡白な風味にアクセントを付ける役割を期待できます。

また近年になって、刺身を火で軽くあぶって食感や風味を変える習慣も根付きつつあります。 そのような食べ方をするなら発泡性のワインを選ぶと、うまくマッチすることが多いです。 ビールに類似した味わいであるため、特に違和感を覚えることなく自然に飲めるでしょう。 ただし、どのような魚を食べる場合でも甘すぎるワインは避けたほうが無難です。 舌に残ってしまうので、魚の持つ本来の旨味を感じにくくなる恐れがあるからです。

 

まとめ

イタリアワインが刺身に合うと知って、興味深く感じた人も多いのではないでしょうか。 たしかに米でできた日本酒と刺身の相性がとても良いのは間違いありません。 しかし、選び方によってはぶどうで作られたイタリアワインでも日本酒を上回るマリアージュを実現できることがあります。 家族親戚が集まってくつろぐときは、普段と違う楽しみ方の提案として刺身にイタリアワインを合わせてみてください。 驚く人が多くて場が盛り上がりやすいですし、意外に相性が良くて喜ぶ人たちの笑顔も見られるでしょう。




 おうちワイン特集

イタリアワインでピザをおいしく!オフ会や友達とのパーティーに!

フライドチキンにはイタリアンワイン!友達とのホームパーティーにもおすすめ!

手作りビーフシチューをイタリアワインでもっとおいしく!夫婦の記念日にもおすすめのワイン

サクサクのとんかつにはイタリアワインがおいしい!家族で楽しむ大人の夕ご飯!

イタリアワインでお家のハンバーグディナーをちょっと豪華に!夫婦だけの日におすすめ 

串カツにおすすめのイタリアワインはコレ!お家デートにもおすすめ!

焼き鳥におすすめのイタリアワインは彼女も喜ぶサッパリテイストがおすすめ!

すき焼きと相性がいいイタリアンワインは?家族のお祝いにピッタリなワインは?

お好み焼きもイタリアワインで!友達との家飲みもリッチな気分に!

イタリアンワインとコロッケのマリアージュ!彼女も喜ぶ絶品な組み合わせ!

刺身に合うイタリアワインをお探しなら

ショップ名 ワインショップ Y&M
住所 〒537-0013 大阪市東成区 大今里南 2-1-19 4F
TEL/FAX 06-4967-8210
URL http://wine-yandm.com


今日の日にぴったりのワインを! シチュエーションに合わせてお選びください♪
お料理は、ワインと共にが大前提! その日の気分やお料理に合わせてお好みのワインをお選びください。 選んで楽しい、イタリアワイン! ワインのある暮らしを楽しみましょう! ハッピーワインライフ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新着商品