▼ 白ワイン 辛口 レ ルッセギーネ 2015 イタリア リグーリア
◆ワイン名:Le Russeghine Pigato Riviera Ligure di Ponente / レ・ルッセギーネ
◆ワイナリー名:AZIENDA AGRICOLA BRUNA / アジィエンダ・アグリコーラ ブルーナ
◆産地:イタリア・リグーリア州
◆原産地呼称:リヴィエラ・リグーレ・ディ・ポネンテ D.O.C
◆味わいのタイプ:辛口 白ワイン
◆葡萄品種:ピガート 100%
◆生産年:2015
◆内容量:750ml



◆商品説明
リグーリア州の土着品種、ピガート種から造られる辛口白ワイン。グレープフルーツやライチの香りが広がります。穏やか樽のニュアンスとミネラル感が余韻に残る繊細な味わいです。 ミネラル感とグレープフルーツのようなビター感のある“大人な味わい”。 軽く塩を振って素材の旨みを引き出したお料理とはベストマッチ!
市場で根強い人気を持つ地ブドウ好きな方にもおすすめワインです。 理想的なサービス温度は10℃です。

ルッセギーネ
ルッセギーネは「赤い土」という意味があり、赤く鉄分を含んだ粘土質の土壌の畑のブドウから造られます。 さらにブドウは樹齢が高く45年以上のものが使用されています。
約75%はステンレスタンク熟成25%はフレンチオークをしようしています。 ミネラル感を大切にしているため樽の香りはおだやかで、グレープフルーツの香りやライチのような香り、グレープフルーツの皮のようなビター感がありミネラル感が溢れるワインです。




◆評価・掲載
(2015) 「エスプレッソ 2017」 コンプラーレTop.59


◆ワイナリー紹介
AZIENDA AGRICOLA BRUNA / アジィエンダ・アグリコーラ ブルーナ
ピガート種ですが名前の由来はリグーリア州の方言である「ピガウ」からきています。 「小さい琥珀の点」という意味がありブドウが完熟すると、琥珀色の点が表面に現れることから名づけられました。
この品種はヴェルメンティーノから派生し何世紀もかけリグーリア州へと根付き、他では見ることのない品種となりました。 リグーリア州の山奥、アルベンガ近郊のみでしか今は生産されていない希少な品種となっておりブルーナでは主にこのピガート種からワインを造っています。

ショップ名ワインショップ Y&M
住所〒537-0013 大阪市東成区 大今里南 2-1-19 4F
TEL/FAX06-4967-8210
URLhttp://wine-yandm.com

・ 販売価格

2,640円(税込2,851円)

・ 購入数






新着商品